★派遣

派遣とは、派遣会社から学校に「派遣」されることです。そのまんまの意味です。

●派遣会社に雇用されます。お給料は派遣会社から支払われます。
●直接学校に雇われるのと大差ありません。
●ただ、自分がトラブルを起こしたり、トラブルに見舞われた場合は派遣会社に相談します。

直接雇われるのと変わらないのであれば、なんで派遣なんて仕組みがあるのと、当然思うわけですが、
自分(派遣講師)にメリットはなくても、学校側にはたくさんあります。

学校側のメリット:

【雇うとき】
●人材を募集するのにはお金も時間も消費します。派遣会社であれば電話一本で探してくれます。
●今勤めている先生には内緒で募集をかけたい場合は、ツテか派遣会社しかありません。
●派遣会社に頼んだとして、学校が直接雇うお金とそう大差ありません。募集のお金と時間が浮きます。

【雇っている最中】
●トラブルは派遣会社にお任せできます。関係修復が不可能な場合に、派遣会社に交替を要請することができます(もちろん、適切な改善措置をとったうえでやむを得ない場合、ということですが)。

【契約を終了させるとき】 
●期間を区切って契約を結ぶ場合でも(非常勤講師など)、目安として3年雇用関係を継続すると直接雇い入れなければならない法律があります。
老朽化した講師を雇い続けるのと、派遣でフレッシュな人材を流動させるのとで、どちらが選択されやすいでしょう。

以上のような理由で、派遣は学校側にメリットがあります。

派遣される側にもメリットはあるのですが、別の機会にします。


★紹介

紹介とは、派遣会社から学校に「紹介」されることです。
簡単に言うと派遣会社から学校に売り渡される、ということです。
売り渡されたので、当然雇用関係は学校とあります。お給料も学校からもらいます。
あなたと派遣会社とは赤の他人になります。

派遣と紹介という、片方だけなら理解はものすごく簡単ですが、
派遣会社が区別をして語らないときがあるので、あなたを混乱させることがあります。
(「学校のお仕事を紹介しますね」と言われても、派遣の場合があります。派遣会社の問題というより
日本語の問題なのでしかたありません。我々が敏感であれば解決するでしょう)

おさらいをします。

【雇用関係】
派遣 … 派遣会社⇔あなた
紹介 … 学校⇔あなた

【お給料】
派遣 … 派遣会社⇒あなた
紹介 … 学校⇒あなた


「派遣」の場合は、学校側にメリットがたくさんありました。
「紹介」の場合は、どうなのでしょう。

 結論から言えば、「紹介」の場合は働く側にメリットがたくさんあります。
メリットから説明しましょう。

あなた(働く側)のメリット:
●間に合わせや、上述のような「学校の都合」で雇われる派遣講師ではないので、常勤や専任など次のステップを期待していい。
●マージンをとられないので少しだけ給料が良かったり、昇給、賞与が支払われることがある。
●派遣会社の顔色をうかがう必要がないので自由。自分の責任の範疇で学校と付き合うことができる。
●派遣講師と比べて、任される仕事の性質が異なる。対象は広くて深い、場合が多い。

例えればアルバイトと正社員の違い、みたいなものです。デメリットは…

あなたのデメリット:
●望まない仕事、残業や部活動や課外活動など、「意に沿わない」が通じません。雇用関係を結ぶ=学校の指示命令に従うということです(もちろん法律違反は除く)。

まぁ、大体想像の範疇かもしれませんね。

========================

このように、派遣は学校側にメリットがありました。
紹介は、どちらかと言えば先生側にメリットがあります。

派遣 … 学校側にメリット大 先生側にはメリット小
紹介 … 先生側にメリット大 学校側にはメリット小


この図式はとても重要です。


では、あなたも私もそうですが、ここまで読んで当然「派遣会社には“紹介”をしてもらいたい」と
考えるようになるわけですが、なかなか世の中そう上手くいきません。

●派遣会社から紹介されるほとんどは「派遣」です。
●あったとして、超有名私立もしくは底辺校、希少な免許の募集だったりします。
●総じて「紹介」の採用率は低いです。

需要と供給のバランスを考えれば当然ですね。

数少ない「紹介=直雇用」の話には沢山の応募者がつく。

となればわざわざ派遣会社に頼む必要がない。

ゆえに、派遣会社が抱える「紹介」の数は少ない。

応募したとして採用になる確率は低い。

平均を上回る学歴なり経験、ルックスが備わっていればこの例にはあてはまりませんが、
そういう方はすでにどこかで特定の勤務先がお決まりではないでしょうか。


★紹介予定派遣

ダラダラ書きすぎました。手短にします。

紹介予定派遣とは、紹介と派遣を足して2で割った就業形態です。

最初は派遣会社からの「派遣」だったのが、ある時点で雇用契約を派遣会社から学校に切り替えることです。

「後々紹介する予定の、派遣契約」ということです。

派遣期間は六か月以内と法律で定められています。経過後、双方の合意でもって直契約に切り替え作業を行います。

ただ、教育系の派遣会社や学校ではあまり流行していないやり方なので、覚えなくてもいいかもしれません。

========================

余計混乱させてしまったかもしれません。

言葉を知っても、学校や派遣会社の思惑がわからないと理解がしにくいかと思って書いてみたのですが、
どんなもんでしょうか。

以上、教育業界における派遣、紹介、紹介予定派遣の違いでした。