50分2000円~2500円が相場です。
時給換算だと
60分2400円~3000円。

月に換算すると
週10コマで9万円前後、
週20コマで18万円前後といったところでしょう。
(ただ、週15コマを超え始めると、「常勤講師」の待遇に切り替わることが多いです。
常勤講師のお給料については、別の機会に書きます)

安いと感じるでしょうか。
経験や職責によってプラスアルファも狙えますが、
講師側の目的も学校側の目的も「一時しのぎ」であることを考えると、
期待するだけ野暮というものです。


非常勤講師の場合、
派遣会社に前もって確認しておきたいのは、提示を受けた金額が
「月額固定か否か」という点です。
知らない人にはややこしいのですが、
例えば
====================

1コマ50分2000円だったとして、担当した授業数に応じて
2000円×60コマ=12万円
と支払われるパターン
→月によって変動します
====================
と、
====================

担当した授業数に関係なく、最初に決めた「週○コマ」に従って、
自動的に
2000円×○コマ×4週=○○万円
と支払われるパターン
→月によって変動しません。原則一年間ずっと同じ給料
====================
という、2つ存在します。

当然、学校には行事ごとや長期休暇などがあり、月のコマ数が
減ることはあっても増えることはありません。

とすれば、当然②、月額固定の方がお得といえるでしょう。
(①であっても、特進クラスを担当したり、1コマ単価が高い場合は一概に言えませんが)


派遣講師、とくに非常勤講師での採用の場合、大概「昇給、賞与」はありません。
週20コマを超えなければ、おそらく保険に入ることもないでしょう。
私が思うに、
唯一「非常勤で良かった」と思える部分はこの月額固定で、
夏期講習など1ヶ月丸まま授業はなかったのに、収入の落差がないのは嬉しいです。
かけもちも禁止されていないので、
塾の講習会などで「その期間だけ収入を2倍に増やす」ことも、
やろうと思えば可能です(塾も紹介してくれる派遣会社はコチラ)。

ただ、
月額が固定されている分、純粋に「コマだけ、授業だけ」の先生よりも
少し授業が終わってからの貢献は求められます。

貢献とは、例えば
定期試験の作問、監督、採点、講習会の手伝いなどです。
個人的には、固定でもらっている分、自然なことだと思って引き受けていますが
負担の大小など学校差もあるでしょうから、働き始める前に要確認です。

EMPSが先生側から突き上げを喰らった一番の原因はここらへんじゃないかと思います。
ニュースを見る限り、
「非常勤なのに周辺業務が多すぎる」というのが発端だったみたいですね。


以上、 
派遣講師のお給料の相場や実情についてでした。